5月 22

さてさて、最近いろいろな意味で少し余裕が出てきたせいもあり、ショットバーへ行く機会が増えてきました。

もちろん目的はお酒なのですが、そこでしか飲めないバーボンを飲みに行ってます。

昨日も、そんな「至福のひととき」を過ごしました。

仕事が終わり、サッと食事を済ませ、早い時間からバーへ行きます。

早い時間なので、お客は私一人。マスターと他愛もない話をしながら、バーボンを飲みます。

昨日私が飲んだバーボン。。。フォアローゼス、JWダント、ターキーなど。。。

「そんなバーボン何処でも飲めるやん!」と、突っ込まれそうな銘柄が並んでいます。

が、私が飲んだのは、この銘柄たちの1960年代のオールドボトル。

途中から来られた年配の方と、「昔それよー飲んだわ。その頃は美味しかった。」

と、昭和の話で盛り上がり、楽しいひとときを過ごしました。

フォアローゼスのオールドボトルは、数が少なく、ボトルにいくらも残っていない貴重なお酒。

今度、いつ出会えるか分からないので、飲まないわけがない。

その後は、カップルで来られていた男性と、パワーストーンの話で盛り上がり、楽しかったぁ。

そうそう、心残りが一つ。。。

話にだけ出てきた、1950年代のJWダント。。。私が飲んだ1960年代のボトルと違って、甘く飲みやすいようです。

昔あったらしいのですが、一撃でなくなったようなんですね。そう言われるとますます飲みたくなる。

しかし、なんで人間ってこうも無いものを欲しがるのでしょうか?

ないものねだり。。。

なんと言われようと、飲みたいものは飲みたい!^_^;

Comments are closed.