7月 22

友人から本を頂きました。それもDVD付きの・・・。ありがとう!

私は全く知らなかったのですが、結構話題になっているらしいです。

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版 最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
矢羽野 薫

by G-Tools

著者の名前はランディ・パウシュ。

パウシュは膵臓癌が転移していることがわかり、余命宣告を受けました。

妻と3人の幼い子供を持つ、46歳の男に残された時間は、あとわずか。

大学教授であるパウシュの「最後の授業」が物語となっています。

読み終えての感想ですが、感動した、心揺さぶられた、笑えたなど、普通の感想はあります。

しかし、この本。。。私にとって、感想よりものすごい難題を突きつけられた、その衝撃の方が大きいです。

涙、感動そっちのけで、読み始めてから終わるまで、読み終わっても今なお、考え続けざるを得ない状態です。

もし、余命3ヶ月から半年と宣告されたら、どうしますか?

妻や子供に何を残しますか?何を伝えたいですか?

そもそも、そんなしっかりした残すようなこと、伝えたいことがありますか?

それが、良く分からないのです。

著者は、最後のときを知ることが出来て感謝していると言っています。

なぜなら、家族の将来のために準備ができたと。。。

時間はあなたのものだ。そしていつか、思っていたよりも少ないと思う日が来るかもしれない。

私にとっての答えが見つかるかどうか、分かりません。

とにかく、毎日を精一杯生きよう!と思います。

Comments are closed.