3月 17

3月20日、阪神なんば線が開通します。
なので、3月23日の月曜日から通勤ルートが変わるかも知れません。

かも・・・としたのは、いろいろ調べた結果、微妙なところがあるのです。
とりあえず、阪神なんば線を使った時のメリットとデメリットを列挙しますね。

メリット
・三宮?難波間が直通なので、乗り換えなし
・地下鉄御堂筋線に乗らなくていい
・JR程、遅れない
・通勤費が会社の定めた限度額を超えなくなる

デメリット
・三宮での乗り継ぎの関係で、今より10分程度早く家を出なければならない
・夕方ラッシュ時の本数が少ないため、家に着くのが30分程度遅くなる
・駅と会社間の距離が遠くなる

そして、どちらでもない点が三宮?難波間の所要時間。
JR新快速+地下鉄(梅田経由)の場合、約43分。
阪神なんば線、快速急行で直通でも約43分。

さて、どうしたものか?
交通費が変わる場合、会社に申請しなければなりませんが、
阪神なんば線を利用すると交通費が安くなります。

このままでいいのではないか?そんな事を考えたわけですが・・・。
一応、社会人なのでやっぱりきちんとしておこうと思います。

で、会社の通勤手当のことを調べました。

そしたら、「最短ルート」で・・・。
これは何をもって最短と定義するのでしょう。

言葉通りとらえると、距離ですね。
電車での移動距離と考えると、あまり現実的ではありません。

それとも時間?
最速という意味では、今のままが行きも帰りも早いです。

それとも金額?
最安を申請するのか?バスを利用すると、さらに安くなります。
しかし、最寄駅までのバスはなく、遥か彼方先に着きます。
こうなると、申請もややこしい・・・。

問い合わせても、答えは出ません。
さらに、「もっとも合理的」と言う言葉も使われています。

そして、考えました。私の出した答えは・・・。

朝の出勤は、阪神なんば線を利用して三宮?難波直通。
10分くらいなら家を早く出て、三宮始発で座って通勤したいですね。

夕方の帰宅は、地下鉄+JR新快速の梅田乗換え。
30分も遅くなるのは、イヤです。

さて1ヶ月の通勤定期代でしか申請できないのですが・・・。
どうすれば、良いのでしょうか?

Comments are closed.