4月 26

マインドマップ超入門

マインドマップ超入門 はコメントを受け付けていません。

数年前から、勉強したいと思っていた「マインドマップ」。

この度、オフィシャルの入門書が発売されたようなので、読んでみました。

マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座) マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)
近田 美季子

by G-Tools

マインドマップとは、イメージとキーワードを使った、思考整理や発想を表現する方法です。

使用する道具は、カラーペンと紙。紙の中心に、テーマをイメージとして書きます。そこから、放射状に思考を広げていきます。

これが脳の処理システム、脳の自然なはたらきに、近い形だそうです。

この超入門書は、マインドマップとは何か・・・を全体的に捉えることが出来ます。

マインドマップを全く知らない方のための入門書で、少しでも、勉強したことがある人は、必要ないと思います。

また、この本だけで、すぐにマインドマップが書けるようになるとは思えません。

入門書、最初の一冊としては、お勧めです。(*^_^*)

4月 10

7つの習慣

7つの習慣 はコメントを受け付けていません。

十数年前、私が社会人になりたての頃、初めて買った自己啓発本、ビジネス系の本だったと思います。

7つの習慣―成功には原則があった! 7つの習慣―成功には原則があった!
Stephen R. Covey 川西 茂

by G-Tools

当時、私はまだまだ、トゲトゲしい青二才。。。
自分には何でも出来る。自分は正しい。何て思い込んでいた時期かも知れません。

その時の感想は、おそらくほとんど記憶に残っていないので、何だ簡単じゃん!
言われなくても全部分かっている。全部出来る!って思っていたと思います。

そして十年以上経った今、もう一度読み返して、大きなショックを受けています。
全く成長していないのではないかと思ってしまう程、1つの習慣も出来ていない。

主体性、目的、重要事項、WinWin、理解、相乗効果、刃を研ぐ。
家庭で、会社で、個人として、原則に従っているのか?

正直、どれもまだまだ出来ていないと思われます。

本で学び、その時は、ヨシッやるぞ!と決心しても、時間が経つと元の生活に戻っていることが多い。

なので、この本は読んで終わりではなく、何度も読み返し、常に思い出すようにしなければならないと感じました。

もう一度、第一の習慣から頑張ろうと思います。(^^♪

12月 21

さて、この名前を聞いて、すぐに反応できる方は何人くらいいるでしょうか?

私の知人では、2or3人程度しか顔が浮かびません。。。

本を紹介するときは、普通読んでからするのですが、今回は読む前です。

たまたま、見つけてしまいました。

ジョブズの書籍は、何冊かありますが、この生粋のエンジニアの書籍は初!

今回の本も、自分で書いたのではなく、インタビューを元に書籍化したらしいです。

という事で、このアップルの怪物を知りたい。

エンジニアとして、非常に興味があり、読んでみたい。

そう思うのですが、昔のように即ワンクリックができない。。。(>_<)

誰か読んだら感想聞かせてください。

いつか読もうと思っていますが・・・いつになることやら。。。

アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝 アップルを創った怪物―もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝
井口 耕二

by G-Tools

7月 22

最後の授業

最後の授業 はコメントを受け付けていません。

友人から本を頂きました。それもDVD付きの・・・。ありがとう!

私は全く知らなかったのですが、結構話題になっているらしいです。

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版 最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
矢羽野 薫

by G-Tools

著者の名前はランディ・パウシュ。

パウシュは膵臓癌が転移していることがわかり、余命宣告を受けました。

妻と3人の幼い子供を持つ、46歳の男に残された時間は、あとわずか。

大学教授であるパウシュの「最後の授業」が物語となっています。

読み終えての感想ですが、感動した、心揺さぶられた、笑えたなど、普通の感想はあります。

しかし、この本。。。私にとって、感想よりものすごい難題を突きつけられた、その衝撃の方が大きいです。

涙、感動そっちのけで、読み始めてから終わるまで、読み終わっても今なお、考え続けざるを得ない状態です。

もし、余命3ヶ月から半年と宣告されたら、どうしますか?

妻や子供に何を残しますか?何を伝えたいですか?

そもそも、そんなしっかりした残すようなこと、伝えたいことがありますか?

それが、良く分からないのです。

著者は、最後のときを知ることが出来て感謝していると言っています。

なぜなら、家族の将来のために準備ができたと。。。

時間はあなたのものだ。そしていつか、思っていたよりも少ないと思う日が来るかもしれない。

私にとっての答えが見つかるかどうか、分かりません。

とにかく、毎日を精一杯生きよう!と思います。